スポンサーリンク

当サイトはプロモーションが含まれています

高速道路でのガス欠どうしたらいい?

アイキャッチ画像 ロードサービス


高速道路でのガス欠は、重大な事故につながる危険なトラブルです。


ガス欠に気付いたら、まずは安全を最優先して、路肩や非常駐車帯に停車しましょう。


停車後は、道路管制センターやロードサービスに連絡して、早急に救援を要請してください。

ガス欠を防ぐためには、走行前に燃料残量をこまめに確認し、残量が少なくなると給油するようにしましょう。


また、ロードサービスに加入しておくと、万が一のときに安心です。

本記事では、高速道路でのガス欠の対処法と、ガス欠を防ぐ方法について解説します。

高速道路で車がガス欠になった場合の対処法とは?

ガス欠になったとき安全を最優先

高速道路における安全な停車

高速道路でガス欠に陥った時の対処方法は、迅速かつ冷静な行動が求められます。


まずは安全を最優先に考え、車を路肩など、他の車両の流れから離れた場所に停車させましょう。


高速道路では、大型トラックや高速走行車との衝突など危険が潜んでいますので、できるだけ安全な場所で停車しましょう。


路肩や非常駐車帯に停車しましょう。


ハザードランプを点灯して他のドライバーに状況を知らせることも重要です。


こうすることで、周囲のドライバーに停車中であることを知らせることができます。


また、後続車に停車中であることを知らせることで、追突事故を未然に防ぐことができます。

停車時の連絡先と連絡方法

停車後は、ロードサービスや高速道路を管理する会社の緊急連絡先に電話して、状況を説明しましょう


日本では、各高速道路には独自の緊急連絡先があり、ガソリン搬送サービスを利用することができます。


しかし、このサービスには利用料が発生するため、予め加入している自動車保険やロードサービスの内容を確認しておくとよいでしょう。

また、ガス欠で止まった場合は、高速道路上での素人によるガソリンの補給が禁止されていることにも注意が必要です。


専門の業者に依頼することで安全に対処できますので、自ら対処を試みたり、他のドライバーに協力を仰ぐことなくプロに任せることが最善策といえます

いざという時のために、車内に反射材のベストや停止表示板を常備しておくことも、自身の安全を確保する上で役立
ちます。

ガス欠の危険性

ガス欠になると、車は急に停止してしまいます。


高速道路上で車が急に停車することは非常に危険です。


後続車が追突する恐れがあり、事故の原因となる可能性があります。

また、ガス欠によって車が停止すると、他の車が追突する危険性だけでなく、車内が暑くなり、体調不良を起こす可能性もあります。


特に夏場などの高温時には、このリスクがより高まります。

ガス欠を防ぐ方法

ガス欠は突然起こり得るため、長距離運転の前には燃料の残量を点検し、走行中にもしっかり確認を怠らないようにしなければなりません。


ガス欠警告ランプが点灯したら早めに給油する習慣を身につけることが、トラブルを未然に防ぐ最良の方法です。


また、長距離の運転を予定している場合は、事前にガソリンの使用料を計算しておくこともおすすめです。

さらに、ガソリンの燃費を抑える走り方を心掛けることも有効です。


急発進や急ブレーキを避け、均一な速度で走行することで効率的に燃料を使うことができます。


また、余分な荷物を車に積まず、車の重さを軽くすることも燃費を改善するポイントです。

さらに、長距離を運転する際には、予備のガソリンを携行缶に入れて車に積んでおくことも考慮しましょう。

日本の道路交通法では、携行缶に入れて車に積んでおくガソリンにきまりがあり

具体的には、以下の条件を満たす必要があります。

  • 携行缶の容量は、10リットル以下であること。
  • 携行缶は、運転者の手の届く範囲に置くこと。
  • 携行缶は、ガソリンの蒸発を防ぐため、密閉性の高いものを使用すること。
  • 携行缶にガソリンを入れたまま車を駐車する際は、火気や熱源から離れた場所に置くこと。

これらの条件を満たしていれば、予備のガソリンを携行缶に入れて車に積んでおくことは、法令違反ではありませんので、安心してご利用いただけます。




万が一、給油できる場所から離れてしまった場合でも、携行缶があれば一時的にガソリンを補給することができます。

 これらの対策を心掛けることで、ガス欠になるリスクを減らし、快適なドライブを楽しむことができます。


高速道路でのトラブルを防ぐために、ガソリンの残量を常に意識し、計画的な運転を行いましょう。

信頼のおけるロードサービス提供会社

自動車のトラブルは予期せず発生し、運転者を困らせます。


そんな時、迅速にかつ確実に対応してくれるロードサービス提供会社の存在は非常に重要です。


適切な対策とプロフェッショナルな技術を駆使して、ドライバーの安心と車の安全を守ります。

走行中のトラブルでのロードサービス対応

走行中に予期せぬトラブルに遭遇した場合、迅速かつ丁寧な対応が求められます。


バッテリー上がりやタイヤのパンク、エンジントラブルなど、幅広い問題に対して経験豊富なオペレーターが解決策をご提案。


年中無休でサポート体制を整え、いつでもお客様のもとへと駆けつけます。

燃料の補給から牽引までサポート

燃料切れで立ち往生した際は、必要な燃料の補給を行い、目的地までの到達をアシストします。


また、重大な故障や事故が発生した場合には、専門の牽引サービスにより最寄りの修理工場やご自宅まで車両を安全に運搬。


緊急時における迅速な対応で、お客様の信頼を獲得しています。

安全な移動とトラブルからの脱出

移動中の安全は何よりも優先されるべき事項です。


トラブルから早期に脱出し、再び安全な旅を続けられるようにサポートすることがロードサービスの役割です。


プロの技術による確かな対応で、危険な状況を未然に防ぎ、移動のリスクを最小限に抑えることに努めています。

まとめ:

この記事では、まず高速道路でのガス欠の危険性について述べました。


次に、ガス欠に遭遇した場合の対処法として、安全な停車と連絡先への連絡を挙げました。


また、ガス欠を防ぐ方法についても簡単に触れました。


高速道路でのガス欠がとても危険なことがお分かりいただけたと思います。


事前にロードサービスへの連絡先をメモ、ロードサービスへの加入がされていないようでしたらJAFに入会されておくことをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました