スポンサーリンク

当サイトはプロモーションが含まれています

ガス欠になったらどうなるどうする

アイキャッチ画像 ロードサービス

車を運転中、いつでも起こり得るトラブルの一つに「ガス欠」があります。


燃料が底をついてしまった場合、それがどのような状況を引き起こし、またどのように対処するべきなのか。


本記事では、ガス欠になった際の様々な側面に焦点を当て、適切な対策を講じるための手順を紹介します。



ガス欠に関する基本的な知識から事前の対策、具体的な対処法、そして安全な救援の呼び出し方法まで、丁寧に解説いたします。

ガス欠の原因と危険性、事前対策と対処法

給油中

ガス欠の状況の説明

走行中に給油ランプが点灯しているにもかかわらず、給油できずに走行した場合、エンジンが停止してしまったり、加速が効かなくなったりする状態です。

ガス欠の原因

車の使用前の点検
  • 燃料残量の確認不足
  • 長時間の走行
  • 燃料タンクの故障

ガス欠の危険性

エンプティーになっている

ガス欠は、車に悪影響を及ぼし、交通事故を起こす危険性があります。

エンジンに悪影響を及ぼす

走行中にガソリンや軽油などの燃料が切れてしまいエンジンが停止してしまうことをガス欠といいます。このガス欠を繰り返すと、クルマへのダメージをの原因となりえます。具体的には、燃料ポンプ、インジェクター、バッテリー、スターターモーターなどの寿命が短くなる可能性が高まります。

「ガス欠が原因でおこるトラブルとはなんですか?」JAF

交通事故の原因になる可能性

交通事故に注意
  • 後続車との追突事故
    ガス欠で停車した車は、後続車から見えにくいため、追突される危険性があります。特に、高速道路や幹線道路など、車の交通量が多い場所では、追突事故のリスクが高くなります。
  • 路肩での停車による事故
    ガス欠で停車した車は、路肩に寄せて停車するのが一般的ですが、路肩には他の車や歩行者がいる場合があり、事故につながる可能性があります。また、路肩に停車している車には、後続車が気づかず追突することもあります。

事前の対策

以下の対策をしっかりと実践することで、ガス欠を未然に防ぐことができます。

ガス欠を未然に防ぐ
  • ガソリン残量をこまめに確認する
  • 長時間の走行をする場合は、ガソリン残量をこまめに確認する
  • 車の状態を定期的に点検する

ガス欠になった場合の対処法

  1. 安全な場所に車を停める
  2. 家族や知り合いに助けを求める
  3. 近くのガソリンスタンドに配達を依頼する
  4. 適切なところに連絡する
  5. 車内や路肩などの安全な場所で待機する …
  6. 燃料残量警告灯が点灯したら速やかに給油する

救援の呼び出し

携行缶

ガス欠に対処するのが難しい場合は、ロードサービスかJAFを呼ぶのがいいでしょう。

注意事項

高速道路や危険な場所でのガス欠の対処は特に慎重に行う必要があります。


高速道路でのガス欠に対処するにはこちらの記事をご覧ください

メンテナンスの重要性

定期的な車のメンテナンスがガス欠を防ぐために重要です。


エンジンや燃料システムの点検が、トラブルを未然に防ぐ手段となります。








コメント

タイトルとURLをコピーしました