スポンサーリンク

当サイトはプロモーションが含まれています

突然のバッテリー上がりトラブルを未然に防ぐ方法

アイキャッチ画像 ロードサービス

バッテリー上がりのトラブルでロードサービスを利用する際、高額な料金を請求されるケースがあります。


インターネット検索によるもので、シニアばかりでなく、若者もその対象になっています。


この記事では、そうした被害にあわないために、日常的な対策法をお伝えしています。


バッテリー上がりとは

バッテリーが上がってまいった女性のイラスト

バッテリー上がりは、車のバッテリーが消耗し、車がスタートできなくなる状態を指します。


これは日常の運転でいたるところで見られるトラブルの一つです。

トラブルが起きる原因

バッテリーが上がる主要な原因には、長期間車を使用しないこと、寒冷地での使用、バッテリーの老朽化などがあります。


また、車内のライトや電子機器を長時間使用して、エンジンを動かしていない場合もバッテリーは消耗します。


これらの状況が重なると、バッテリーの力が弱まり、最終的にはエンジンが始動しなくなります。

影響とは

バッテリーが上がると、最も大きな影響は車がスタートしないことです。


これにより、予定していた移動ができなくなり、場合によっては重要な用事に遅れることもあります。


また、夜間や人気の少ない場所で起こると、安全上のリスクも高まります。

バッテリー上がりのトラブルとロードサービス

雪国でバッテリー上がりに合う女性

バッテリー上がりが発生すると、多くの場合、ロードサービスが必要になります。


これは自動車保険の一環として提供されることが多いですが、時と場所によっては対応が難しい場合もあります。

悪質ロードサービスとのトラブルの実例

ロードサービスを利用する際、時には高額な請求に悩まされることがあります。


ある事例では、男性がインターネットでバッテリー修理を依頼しましたが、初期の見積もりと実際の料金に大きな隔たりがありました。


彼は詳細な料金の内訳も示されず、すぐに現金での支払いを迫られたのです。


このような事態は、全国で報告されている悪質な業者の常套手段です。利用者は、サービスを選ぶ際に注意が必要です。

悪質ロードサービス業者から身を守る方法

車が故障したとき、まず確認したいのは自動車保険の有無です。


加入されている場合、その保険会社が提供するロードサービスを利用することをお勧めします。


これらのサービスは信頼でき、料金も事前にわかりやすいです。

公共機関であるJAFなどのサービスも安全です。


インターネットで業者を探す際は、ユーザーの評価や料金明細をよくチェックしましょう。


異常に安い料金やすぐ来るという広告には十分注意が必要です。


業者の評判や以前のトラブル情報もリサーチすると良いでしょう。

契約前には、料金やサービスの詳細について確認し、疑問点があれば事前に問い合わせが効果的です。

バッテリー上がりを未然に防ぐ方法

バッテリー

バッテリー上がりを防ぐためには、日頃からの適切な管理が必要です。


ここでは、その具体的な方法をいくつか紹介します。

定期的なバッテリーの点検・メンテナンス

バッテリーの寿命を伸ばし、トラブルを予防するには、定期的な点検とメンテナンスが不可欠です。


点検では、バッテリーの液量を確認し、減っていれば補充液を加えることが肝心です。


また、端子の腐食を見つけたら、専門家によるクリーニングをお勧めします。


これにより、性能を維持し、急な故障から車を守ることができるのです。

適切な使用方法と保存

バッテリーを長持ちさせるには、適切な使用方法を守ることも大切です。


長時間車を使用しない場合は、


週に一度はエンジンを


かけることを心がけましょう


また、極端に寒い環境や直射日光が当たる場所での長時間の駐車は避けるべきです。

バッテリー上がりにケーブルを用意

車での移動中、万一バッテリーが上がってしまった場合に備え、非常の際に車に積んでおくべきアイテムとしてジャンプスタートケーブルが挙げられます。


これがあれば、エンジンの始動を手助けすることができ、安心してドライブを楽しむことが可能です。

まとめ

整備点検をする

日常的に気を付ける小さな点検や、定期的な維持管理は大変重要です。


これにより、予期せぬバッテリー障害を防ぎ、無駄なコストも削減できます。


特にシニアの方々にとって、自動車のバッテリー問題は非常に手間がかかるものです。


車の使い方や保管方法を正しく理解し、悪質なロードサービスに騙されないための知識も身につけましょう。


この様に対策を講じれば、安心して車を利用できるようになります。


バッテリーの点検や適切な扱い方を守り、いつも車を最良の状態に保ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました