スポンサーリンク

当サイトはプロモーションが含まれています

車を長期間使わない場合のバッテリー上がり防止策

スポンサーリンク
アイキャッチ画像 車のトラブル
スポンサーリンク

バッテリー上がりの原因とメカニズム

車を長期間使用しない場合、バッテリーが上がるリスクが高まります。

これは自動車のバッテリーが自然放電する特性を持つためです。

特に「乗らない車のバッテリー上がり防止」を徹底しないと、次の使用時にエンジンがかからないトラブルに見舞われる可能性があります。

バッテリーが上がるまでの期間

バッテリーの自然放電は車を乗らないと起こりやすく、一般的には1週間から1ヶ月ほどでバッテリーが上がることがあります。

特に車の電気系統が動作したままの場合、その消費エネルギーがバッテリーの放電を早めます。

たとえば、セキュリティシステムや時計などが電力を消費し続けるためです。

バッテリーの自然放電

バッテリーの自然放電とは、使わなくても徐々に電力が失われる現象のことを指します。

特に、乗らない車を長期間放置すると、バッテリー上がりが発生しやすくなります。

自然放電の速度はバッテリーの種類や状態により異なりますが、一般的な鉛酸バッテリーでは数週間で放電が進行します。

また、バッテリーが古くなっている場合、その放電速度はさらに速まることがあります。

長期間使用しない場合の基本的な対策

車を長期間使用しない場合には、バッテリーが上がるのを防ぐためにいくつかの基本的な対策が推奨されます。

以下に、その具体的な方法について説明します。

マイナス端子を外す

乗らない車のバッテリー上がり防止として、最もシンプルで効果的な方法の一つは、バッテリーのマイナス端子を外すことです。

これにより、車の電気系統に電流が流れなくなり、自然放電や待機電流の消費を防ぐことができます。

自動車のバッテリーは使わないとバッテリーが上がる傾向がありますが、この方法を実行することで、長期間放置してもバッテリー上がりのリスクを大幅に減少させることができます。

定期的にエンジンをかける

バッテリー上がりを防ぐもう一つの基本的な対策は、定期的にエンジンをかけることです。

たとえ車を運転する予定がなくても、定期的にエンジンを始動してアイドリングを行うことで、バッテリーが充電されます。

特に寒い季節やバッテリーの老朽化が進んでいる場合には、週に一度はエンジンをかけることが推奨されます。

これにより、バッテリーの健康を維持し、バッテリーが上がるのを効果的に防ぐことができます。

その他の効果的な防止策

バッテリー充電器の使用

車を長期間使わない場合、バッテリー充電器を使用することは非常に効果的なバッテリー上がり防止策です。

バッテリー充電器は、自動車のバッテリーを適切なレベルに維持するために設計されています。

特に、「乗らない車のバッテリー上がり防止」には常時接続タイプの充電器が便利です。

これにより、バッテリーの放電を防ぎ、バッテリーの寿命を延ばすことができます。

充電器には、バッテリーメンテナーと呼ばれるタイプもあり、これはバッテリーが必要以上に充電されるのを防ぐ優れたデバイスです。

ソーラーチャージャーの利用

日光を利用したソーラーチャージャーも、長期間にわたり車を放置する際の有効なバッテリー上がり防止策です。

ソーラーチャージャーは太陽光を電力に変換し、バッテリーを充電することができます。

これにより、車を屋外に駐車している場合でも、バッテリーが自然放電して上がることを防ぐことができます。

具体的には、ソーラーパネルを車のダッシュボードや直接バッテリーに接続して使うことが一般的です。

「乗らないとバッテリーが上がる」ことを心配せずに済むため、特にアウトドア派や、複数の車を所有している方におすすめです。

バッテリー上がり後の対処方法

ジャンプスタートの手順

自動車のバッテリーが上がってしまった場合、まず考えるべき方法はジャンプスタートです。

ジャンプスタートは、他の車のバッテリーを一時的に利用してエンジンをかける方法です。

以下にその手順を示します。

1. 他の車両を近くに停車させ、両車のエンジンを切ります。
2. ジャンプケーブルを準備し、赤いクリップを上がっているバッテリーのプラス端子に接続します。
3. もう一方の赤いクリップを支援車のプラス端子に接続します。
4. 黒いクリップを支援車のマイナス端子に接続し、もう一方の黒いクリップを上がっている車のエンジンブロックや車体のアースポイントに接続します。
5. 支援車のエンジンを始動させ、その後、バッテリーが上がった車のエンジンをかけます。
6. 上がっている車のエンジンがかかったら、ジャンプケーブルを逆の順序で外します。

以上の手順を守れば、安全かつ効果的にジャンプスタートを行うことができます。

ジャンプスタートが成功した後は、一定時間エンジンをかけて充電状態を維持することが重要です。

ロードサービスの利用

ジャンプスタートが難しい場合や、ジャンプケーブルが手元にない場合は、ロードサービスを利用することができます。

多くの自動車保険会社や車のディーラーが、バッテリー上がりに対応するサービスを提供しています。

ロードサービスを利用する際には、以下の点に注意してください。

1. サービスに連絡して状況を説明し、現在地を伝えます。
2. 車両の保険証券やロードサービスの連絡先がすぐに分かるように準備しておきます。
3. サービス到着を待つ間、安全な場所に移動して待機します。

適切なロードサービスを利用することで、プロフェッショナルにバッテリー上がりを対処してもらうことができ、安心して再び車を使用することができます。

バッテリー上がりを防ぐためには、日ごろからバッテリーの点検や定期的な充電が重要です。

JAF会員になるメリットと手続きのガイド

コメント

タイトルとURLをコピーしました