スポンサーリンク

当サイトはプロモーションが含まれています

JAF入会するメリットってなんですか?

アイキャッチ画像 Q&A

車両トラブルが多い年末年始、ゴールデンウイーク、お盆の季節は、救援呼び出しの多い時期です。

JAFには、この季節呼び出しの依頼が急に増えます。

車に乗る機会の少ない人が、車のトラブルに遭遇するとどうしたらいいのか、分からなくてネット検索で見つけたロードサービスのぼったくりにあってしまうのもこの季節です。

そこで、万が一の時の車両故障などのトラブルにあった時どうしたらいいのか、基本的な姿勢について考えてみました。

関連記事:JAF会員になるメリットと手続きのガイド

車両のトラブルにはどんなものがある?

自動車には数多くのトラブルが存在します。

エンジン不調から始まり、電気系統の故障、排気系トラブル、ブレーキの問題、タイヤのパンクや劣化といったことがあります。

そうしたトラブルの中には、エンジンがかからない、加速が遅い、異常音がする、オイル漏れや冷却水漏れといった症状を引き起こすものも含まれます。

走行中にはステアリングの遊びが大きくなる、振動や異音が生じるといった問題も発生する可能性があります。


バッテリーの充電不足や寿命も車両のトラブルの一因です。

電気系統の不具合はライトの点灯不良やウィンカーの不調、オーディオシステムの故障など、様々な形で現れます。

環境や走行条件によりサスペンションや足回りの部品の破損、オイルやフィルターの交換時期の見落としによってもトラブルに繋がることがあります。


これら車両のトラブルは事故や急な故障につながる危険性をはらんでおり、定期的なメンテナンスは欠かせません。

また、異常を感じた際には迅速な診断と対処が重要です。

定期点検や日頃からの適切なケアが、トラブル発生のリスクを低減させ、安全なドライブに繋がります。

主な作業内容会員非会員
パンク
バッテリー上がり
落輪
キーとじ込み
燃料切れ
レッカー移動
雪道でのスタック(注1)
大雨、台風の中での

(注1)スタックとは、雪道でタイヤがはまって動けなくなること。

こんなにたくさんあるのです。

実際トラブルにあってみないと分からないこともありますが、あってしまうと困ってしまうトラブルばかりです。

基本姿勢 自動車保険のロードサービスを呼ぶ

JAF 呼び出し電話番号


困ったときは、猫の手でも借りたい気持ちになりますが、自動車保険のロードサービスが呼べるのかどうか、自動車保険にお聞きになるのが良いでしょう。

ロードサービスでできることとできないことがあります。

できない場合JAFを呼ぶようにしましょう。

JAFは、会員でなくても呼ぶことが出来ます。

ただ会員ですと無料のサービスも非会員ですと、費用が発生します。

ですが、その場のさじ加減で料金が決まることは、、ほとんどありません。

JAFは非営利団体なので、儲けることを第一義にはしていません。

自動車保険に付帯するロードサービスと日本自動車連盟(Japan Automobile Federation、略称:JAF)が提供するロードサービスは、非常時のドライバーのサポートという共通点があります。

しかし、提供されるサービス内容や利用の方法には明確な差が存在します。


保険会社が提供するロードサービスは、その保険に加入していることが前提で発生する故障やトラブルに対する補助サービスです。

通常、レッカーサービス、バッテリー上がり時の対応、キー閉じ込み時の開錠サポートなど、基本的なトラブルに対応する内容が備わっています。

加えて、保険契約に含まれるロードサービスは、多くの場合年間契約料金の中に含まれており、利用時に追加の費用がかかることは少ないですが、サービス利用の範囲に制限がある場合があります。


一方JAFのロードサービスは、JAF会員であることが必要ですが、会員でなくても別料金で利用することが可能です。

JAFのサービスは全国に幅広いネットワークを持っており、24時間365日体制で応急対応やレッカーサービスを受けられるなど、広範囲でのサポートを提供しています。

また、JAFは観光地での割引や各種イベントへの参加など、ロードサービス以外にも会員特典が充実している点が特徴です。


両者の主な違いとして、保険会社のロードサービスが保険契約に基づくトラブルサポートに特化しているのに対し、JAFはより広範囲のサービスと会員特典を提供している点が挙げられます。

ドライバーや利用状況に合わせて選択することが重要で、車の利用頻度が高い方や長距離運転が多い方はJAFの充実したサービスを、日常的な短距離運転で十分な方は保険付帯のサービスが適しているかもしれません。

ロードサービスではできないことは、自然の災害にかかわることがあります。

例えば、雪道のチェーンの着脱。雪道で抜け出せなくなったとき、大雨や台風などで動けなくなった時でもJAFに依頼することが出来ます。

雪道のチェーンの着脱

JAFのサービスは、雪道で困ったときの強い味方です。

一般のロードサービスでは提供されないことが多い雪道でのチェーンの着脱作業を行っています。

これにより、運転手は雪が降る不安定な天気の中でも、適切な装備により安全に運転を続けられるようサポートされます。

特に急な積雪に見舞われた際や、慣れない雪道でのチェーン取り付けに不安を感じる場合、JAFがその専門的な技術で迅速に対応することで、運転者のストレスを軽減し、安全に目的地へと向かうことができるようになります。

雪道で抜け出せなくなったとき

JAFでは、雪道で車が立ち往生してしまった場合の救援も行っています。

これは、自動車が深い雪にはまったり、スリップして動けなくなったときに、特殊な機材を使用し車を安全に救出するサービスです。

経験豊富なスタッフが適切な方法で車両を動かし、ドライバーが再び道路を安全に走行できるように支援します。

このような状況では自力での脱出は困難であり、そうした専門的な対応はロードサービスの範疇を超えるため、JAF独自の強みとなっています。

大雨や台風などで動けなくなった時

大雨や台風によって水没や道路の冠水で車が動けなくなった時にも、JAFは力になります。

このような自然の災害時には通常のロードサービスでは対応が難しいことも、JAFでは迅速かつ適切に救助活動を行ってくれます。

例えば、高水位の中でエンジンを停止させてしまった車を無事に動かすため、水害に強い機器を使い、車両を慎重に牽引することが可能です。

また、災害時には観光客や高齢者など、特に助けを必要とする人々への迅速な支援が求められるため、JAFはそのニーズに応えることができる信頼される存在です。

JAFの会費と登録方法

ロードサービス

サービスてんこ盛りのようなJAFですが、会費はいくらでしょうか。

会費は年単位で支払います。

会員は、個人会員。家族会員。法人会員があります。

個人で登録されるので、車両番号などの届け出は必要ありません。

申し込みした方の名前で、会員証が発行されその会員証の提示で利用が出来ます。

ここでは個人会員、家族会員の会費について表にしました。

入会金クレジットカード
による入会金割引き
年会費
個人会員 2,000円1,500-500) 4,000円
家族会員 2,000円

優待サービスが受けられる

ドラッグストア

JAFに加入するメリットとしては、全国で利用できる優待施設の割引券があります。

牛丼屋の吉野屋、すきや、松屋などが人気があります。その他ドラッグストアの割引券がお得で、人気です。

関連記事:JAFの優待割引知らないと損をする!目玉サービス

よくあるQ&A

レッカー移動で同乗させてもらえるのですか?修理工場まで1~2名の同乗は可能です。
ロードサービスの場合、基本的に同乗はありません。
いまさらJAFに入会するメリットがあるのですか?JAFは、車両ではなく、個人に賭けるサービスです。自分の車でなくとも友人、知人の車に乗っていれば、JAFのロードサービスを受けられます。全国の優待施設のご利用をお得に利用できるので、年間の節約ができます。

関連記事:JAF会員になるメリットと手続きのガイド

タイトルとURLをコピーしました